体のために、オーガニックをはじめませんか?安心・安全・丁寧を、年齢を重ねたあなたの髪へ|千歳船橋駅の美容室オーガニックプラスヘアサロン

organic 03-6413-1046
home CONCEPT menu RESERVE PRODUCT STAFF  Recruit blog shop access contact
Bits of knowledge
3/28

【シャンプー等のパッケージに書かれている内容】
成分表示は、基本的に化粧品が直接入っているビンや箱など読みやすい場所に記載が必要です。

Bits of knowledge
3/28

【シャンプー等のパッケージに書かれている内容】
成分表示名は決められた範囲であれば、企業側が選ぶことができます。

Bits of knowledge
3/28

【シャンプー等のパッケージに書かれている内容】
成分表示の中の香料として配合されている成分のひとつひとつは、まとめて香料と表示されてもOKなのです。

Bits of knowledge
3/28

【シャンプー等のパッケージに書かれている内容】
化粧品の成分表示は、含有量の多い順に表記されています。

Bits of knowledge
3/24

【シャンプー等のパッケージに書かれている内容】
「医薬部外品」2008年に医薬部外品も全成分表示に切り替わりました。ただし、化粧品と医薬部外品では表示の仕方が変わります。

Bits of knowledge
3/24

【シャンプー等のパッケージに書かれている内容】
「化粧品表示の義務付け」2001年化粧品の容器や箱に全配合成分を表示することが義務づけられています。ここがシャンプーなどを選ぶポイントになります。

Bits of knowledge
3/21

【シャンプー・トリートメント等】
ノンシリコンか、シリコン入りかが重要ではないことをお話ししました。ブームに惑わされ、ノンシリコンに飛びつきがちですが、見極めて購入してください。

Bits of knowledge
3/20

【シャンプーの泡立ち】
泡立ちがよくないと、髪や地肌にダメージを与えることがあるので、十分に泡立ててシャンプーしましょう

Bits of knowledge
3/14

【シャンプー】
しっかり汚れを落とし、洗浄力が強すぎないものは、アミノ酸系成分もしくは植物由来の洗浄成分があります。

Bits of knowledge
3/9

【硫酸系シャンプー】
一般的に、硫酸系の洗浄成分は泡立ちが良く、安価であるという利点があります。ただし、油分や保湿因子を過度に洗い流してしまい、髪や頭皮の乾燥を招く恐れもあります

(全7ページ) 前ページへ  2  3  4  5  6  次ページへ